カーポートの敷地・住宅からの離しについて

敷地・住宅からの離し

カーポート設置_離れ
カーポートを敷地ギリギリに設置したいところですが、民法第234条で「建物を建造する際、境界線から50㎝以上の距離を保たなければならない」と定められています。

しかしながら、この民法には緩和規定があり、民法第236条では「その町の慣習や地域の決まりごとがある場合はその慣習に従う」とも記されています。

とらえ方によっては、周辺住宅の景観に従って50㎝以上建築物を離さなくてもいいととらえることもできます。
施工前に、お隣の方へ事前に工事内容説明しておくことでご近所トラブルを未然に防ぐことが重要です。
また、家の窓の位置や高さにも注意しなければ、カーポートが日差しを遮って室内を暗くしてしまったり、圧迫感があったりしてしまうので注意が必要です。 

住宅からの離れでは、住宅屋根からの落雪や、地震等で揺れるため、家から10~15㎝以上離しているケースが多いです。

敷地の状況等によって異なるので、当社では必ず現地調査を行わせて頂いております。

延長・切詰・出入隅

カーポートの種類によって異なりますが、敷地やお家の配置に合わせて、間口や奥行の延長・切詰、出入隅の対応も可能です。
施工可能かどうかは、状況を確認しないと断言できないので、当社ではまず現地調査をさせていただきます。
カーポートによって対応が異なりますので、各種カーポートの詳細については、以下でご紹介しています。

<間口延長>

間口延長_パース
冬期の車の乗り降りや、通路の確保に便利です。

<奥行切詰>

切詰_平面図
敷地に合わせて切り詰めます

<出入隅>

出入隅_平面図
家や障害物を避けることができます