2017年7月10日|カテゴリー「カーポート
こんにちは、営業部 佐藤です。 近年人気の高い採光型カーポート。 弊社ではLIXILのソルディポートをメイン商材としてお勧めしていますが、今年度わたくし個人と致しましては、YKKapのエフルージュをおススメしています。
エフルージュ
おすすめポイントとしては、梁や柱に木彫アタッチメントを設置することが可能です。
機能柱を設置することで、エントランスとしてのグレードを上げることが出来ます。
オプションも豊富で、カーポートの単調なイメージを変化させてくれる商品です。
まだまだ北海道での知名度はそれほど高くないように感じますが、施工されたお客様の満足度は高く自信をもってお勧めできる商品でございます。

一考頂くだけの価値ある商品です。是非ご検討ください。

エフルージュシリーズのご紹介

2017年6月28日|カテゴリー「お庭
こんにちは、営業部 佐藤です。

本日はタカショーのエバーアートフェンス/センシアをご紹介いたします。
タカショーのエバーアートフェンス/センシア
とてもシンプルなフェンスですが、目隠し効果の高い商品です。
フェンス=高価なイメージがありますが、コストパフォーマンスに優れており施工も簡単で、スピーディーな仕上がりです。
タカショーのエバーアートフェンス/センシア2
施工手間賃も少なくて済むので、本当にコストパフォーマンスの高い商品と言えます。
耐風圧強度も高く、高さもH3000まで対応可能なのでプランニングの幅も広がります。
是非とも、お問い合わせください。

フェンスのご紹介

2017年6月15日|カテゴリー「カーポート

こんにちは、営業部 佐藤です。
皆さんは外構工事をお考えになる場合、何を優先的にお考えになるでしょうか。

多くお聞きするのは、雑草と雪対策。9割強のお客様が気になさっているなと感じます。

私は、お庭のプランニングをさせて頂くときに「自然な明かり(採光)」のお話をさせて頂くことが多いのですが、自然光のことを気にされるお客様は少なく感じます。

住宅の設計段階では、太陽光のとりかたを考えて設計・プランニングしていきますがあくまでも建物優先の考えなので、外構工事まで踏まえたものは少ないと感じます。

特に近年流行のカーポートなどの多くは設置場所によっては、おうちの中を暗くしてしまいます。

場合にによっては、まったく自然光が取り込めないなんてこともあり得ます。

そんな時は、採光型のカーポートの採用をお考えいただきたい!

LIXILのソルディポートYKKのエフルージュ、三協アルミのスノースカイと各メーカーさんから甲乙つけがたい良い商品が出ております。(写真は、LIXILのソルディポートです)

家の中が真っ暗で、昼間っから電気付けないとなんてのはもったいない気がします。

ましてやカーポート設置したために、雪対策したために年中真っ暗なんてのは避けて頂きたい!!

採光型カーポート
通常の遮光タイプのカーポートから比べれば、お値段も上がりますし柱の本数も増えてしまうので、まだまだ敬遠されがちですが、一考頂くだけの価値のある商品です。

是非ご検討ください。
2017年6月2日|カテゴリー「お庭
こんにちは、営業の佐藤です。

先日、お客様のお宅にて7歳のお兄ちゃんと4歳の妹さんに、お庭をどうしたいか聞いてみたところ、2人揃って「人工芝」とお答え頂きました。
自分は子供の頃人工芝の存在すら知らなかったですが、今どきの子供は物知りですね。

また、今の時代それだけ人工芝が普及しているということなんだと実感しました。
人工芝
ただ、人工芝にしたい理由を聞いたところ、お兄ちゃんの答えが凄すぎたのです。

「両親が共働きのため、お庭のお手入れが大変なので手入れが少なく済むように」とのことなのです。
なんという優秀なお答えと驚愕したところでございました。
我が家の娘達には絶対真似できないなと感じた、今日この頃でございました。

ではまた。
2017年5月7日|カテゴリー「お知らせ
こんにちは、営業の佐藤です。

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか。
私は子供たちのお供で公園と遊園地三昧でした。今年のGWは天気が良かったので、有意義な時間を過ごされたのではないでしょうか。

今日は、再来週の5/20(土)・5/21(日)に開催されます「住まいと暮らしのフェア2017」のご案内でございます。
住まいと暮らしのフェア2017
場所は東区の「つどーむ」にて行われます。

北海道最大級の総合住宅イベントでございまして、新築からリーフォーム お金の借り入れや、土地探し、そして我々のエクステリアまで幅広く網羅した イベントになっております。
その他にも、キャラクタショーやフワフワアドベンチャーなど、お子様にも楽しめる企画が盛りだくさんですので、足を運んで頂けると幸いです。
ページトップ