災害前に事前の確認を!ブロック塀の安全点検

2018年6月22日|カテゴリー「その他外構 ,フェンス ,青木
こんにちは、ウェブ担当の青木です。

6月18日に大阪北部で発生した地震の影響で、昨日22日、国土交通省がブロック塀の安全点検についてのチェックポイントを公表しました。
専門知識がなくても確認できますので、ブロック塀があるお宅は「万が一」のことに備えてしっかり確認しておきましょう。

ブロック塀のチェックポイント

1.塀は高すぎないか
塀の高さは地盤から2.2m以下か。
2.塀の厚さは十分か
塀の厚さは10cm以上か(塀の高さが2m超2.2m以下の場合は15cm以上)
3.控え壁はあるか(塀の高さが1.2m超の場合)
塀の長さ3.4m以下ごとに、塀の高さの1/5以上突出した控え壁があるか。
4.基礎があるか
コンクリートの基礎があるか。
5.塀は健全か
塀に傾き、ひび割れはないか。
ブロック塀チェックポイント
※国土交通省 ブロック塀の点検のチェックポイントより抜粋

ブロック塀の老朽化による事故が起きてしまってからでは取り返しがつきません。
地震大国の日本、いつ何時どのような災害が襲ってくるかもわからないので、あらかじめ防災対策をしておくことが大切です。

弊社でもブロック塀・コンクリート塀、目隠しフェンスなど様々な商品を取り扱っております。
ぐらつきがある・亀裂があるなど少しでも不安がある場合はまずはご相談くださいね!

参考