2018年10月5日|カテゴリー「お庭
こんにちは、青木です。

前回に引き続き、今回は先日入手した現場の写真から、お庭をご紹介していきたいと思います!
素敵なお庭に仕上がっていますよー!※写真は前回と同じ日のものです

前回のブログはこちらから≫自由自在!エバーアートボード【本日の施工現場】

まずは、玄関前のアプローチからお庭へ続く階段。
足元はピンコロという石材とオールラウンドペイブというインターロッキングブロックを使用しています。
白の塗り塀
お庭への階段
お家正面から続く塀はエバーアートボードと、白い塗り塀になります。
先に塗り塀は完成していました。
種類の違うレンガやブロックを組み合わせても違和感なく、周りとのバランスはピッタリです。

階段を上がると広々としたお庭が
階段を上がっていくと、広い空間になります。
足元は本物そっくりの人工芝です。

人工芝の良いところは1年を通して枯れることがないことです!
いつでも若々しい緑がお庭を引き立ててくれます。

そしてお庭とお家をつないでくれるウッドデッキ!
こちらは前回のブログでもご紹介したタカショーさんのエバーエコウッドというウッドデッキです。

エバーエコウッドは「エコ」という名前のとおり、
天然木ではなく再生材を使用した人工木材で作られています。
この人工木、廃木材の木粉と廃プラスチックを混ぜた強度と安全性が抜群です。
木材の配合比率は50%以上と高いので、天然木のような風合いもしっかりと持っています。
ちなみに、下2段はエバーエコウッド本体ではなく、「デッキステップフロア」というオプションアイテムです。
デッキ本体の束柱と連結が可能な、その名のとおり「ステップ」になるローデッキです。
エバーエコウッド
お家からお庭への動線が短縮できますし、お庭でお子さんと遊ぶ時にも
ちょっとした腰掛になるので、ウッドデッキはあると便利ですね(*^^)
サークル状のブロックでお庭にアクセントを
ウッドデッキを降りたところにはサークル型のインターロッキングブロック。
人工芝の上ではできないバーベキューも、こちらのスペースで気にせず行えますし、お庭の素敵なアクセントになりました。
2018年9月20日|カテゴリー「お知らせ
お待たせいたしました!
ライフスタイル最後のカーポートセールが9月22日(土)から10月31日(水)までの日程で開催されます!
秋_カーポートチラシ表
秋_カーポートチラシ裏
チラシのダウンロードはこちらから≫≫カーポート&玄関風除室セールチラシ2018秋【PDF:992KB】
チラシ訂正のお知らせ
チラシ裏面の耐積雪表記が間違っておりました。
正しくは以下の通りです。

誤【耐積雪150mタイプ】→正【耐積雪150cmタイプ】

訂正してお詫び申し上げます。

セール開催期間

2018年9月22日(土)~10月31日(水)
※年内工事は10月ご注文分までとなります。

今回は、カーポートセール直前!この秋オススメのカーポートを一部ご紹介します!

LIXIL テリオスポートⅢ 【耐積雪150cmタイプ】

テリオスポートⅢ 1台用 積雪150cm
お馴染み、LIXILのテリオスポートⅢです。

屋根への積雪荷重が長期間続くことを考慮した長期荷重設計なので、積雪量の多い北海道でも安心です。

弊社では積雪150cmタイプを採用しています。

カラーバリエーションは4色です。
シャイングレー
シャイングレー
オータムブラウン
オータムブラウン
ブラック
ブラック
ナチュラルシルバー
ナチュラルシルバー
別途、オプションで化粧材のカラーも選べます!木目の柔らかいイメージにしたい場合はこちらもお勧めです(*^^)
テリオスポートⅢの詳しいご紹介はこちらから≫≫カーポート【テリオスポートⅢシリーズ】

LIXIL ソルディーポート 【耐積雪150cm】

ソルディーポート
こちらもLIXILの定番、ソルディーポートです。
屋根材が透明のポリカーボネート材なので、「カーポートを設置して暗くなるのが嫌だなぁ…。」と感じる方はコチラがおすすめです。

家の前に設置する場合も暗くならないのでいいですね(*^^)

コチラもカラーバリエーションは4色。
ソルディ_オータムブラウン
オータムブラウン
ソルディ_シャイングレー
シャイングレー
ソルディ_ブラック
ブラック
ソルディ_ナチュラルシルバー
ナチュラルシルバー
ソルディーポートの詳しい紹介はこちらから≫≫カーポート【ソルディーポートシリーズ】

次回はYKK APさんのカーポートをご紹介していきます!
2018年9月15日|カテゴリー「その他外構
こんにちは、青木です。
地震から1週間が過ぎました。皆様お元気でしょうか。

先日の営業再開のご案内でもご報告した通り、
弊社は社員も無事で、会社自体も大きな損壊はありませんでした。
ガラスは一部割れてしまったものもあったようですが…。

施工をご依頼いただいているお客様につきましては、
工事の遅れや、資材搬入の遅れなど、まだご迷惑をおかけすることがあるかもしれません。
誠に申し訳ございませんが、一軒一軒、しっかりと対応をさせていただいておりますので、ご了承いただければ幸いです。
この場をお借りして改めてお詫び申し上げます。

さて、タイトルの通り、今年も恒例で、秋に新しいチラシが発行されます!
まだまだ製作途中ですので見せることはできませんが、こんな感じです!
チラシ制作中!
またモザイク…!!

地震の影響で少し遅れましたが、チラシ第1弾は来週には公開できそうですので、詳細はお楽しみに!

また、「カーポートの施工まだ間に合う?」というお客様が増えてまいりました。
弊社での施工、まだまだ間に合いますが段々と込み合ってきましたので、
余裕を持ったご依頼をお願いいたします!

皆様のお問合せ、お待ちしております!
2018年6月23日|カテゴリー「その他外構
こんにちは、ウェブ担当の青木です。
世間では梅雨に入り、花粉も少し落ち着いた頃でしょうか。

と、いっても梅雨がない北海道、私事ではありますが、現段階でもマスクを常備していないと、花粉・ホコリ、PM2.5がまだまだ不安です。
花粉症や、ほこりのアレルギー持ちの方によく共感していただけるのは、洗濯物問題。
外に出せば乾くお天気が多くなりましたが、洗ったものについた花粉、ほこりが恐怖でしかありません。

ピークは過ぎても、花粉は侮れませんよ…!!
そんな花粉やホコリから守ってくれるのがサンルーム。
サンルーム
ですが、「ガラス張りって北海道でも大丈夫なの?」という声も聞こえてきそうです。
きっと、積雪が心配なのでしょうが、ご安心ください!北海道でも設置可能な耐積雪対応のサンルームもございます!
サンルームとは、本来は日光浴や「セカンドリビング」として作られるガラス張りの部屋のことですが、洗濯物を干せるようにオプションが付けられます。
花粉やほこりの他、雨風もしっかり防いでくれるので、雨の日も心配せずお洗濯を干すことができます
室内物干し
北海道でも設置する場所を確認して、安全に取り付けられるか確認可能ですので、まずはお気軽にご相談くださいね!
2018年6月22日|カテゴリー「その他外構
こんにちは、ウェブ担当の青木です。

6月18日に大阪北部で発生した地震の影響で、昨日22日、国土交通省がブロック塀の安全点検についてのチェックポイントを公表しました。
専門知識がなくても確認できますので、ブロック塀があるお宅は「万が一」のことに備えてしっかり確認しておきましょう。

ブロック塀のチェックポイント

1.塀は高すぎないか
塀の高さは地盤から2.2m以下か。
2.塀の厚さは十分か
塀の厚さは10cm以上か(塀の高さが2m超2.2m以下の場合は15cm以上)
3.控え壁はあるか(塀の高さが1.2m超の場合)
塀の長さ3.4m以下ごとに、塀の高さの1/5以上突出した控え壁があるか。
4.基礎があるか
コンクリートの基礎があるか。
5.塀は健全か
塀に傾き、ひび割れはないか。
ブロック塀チェックポイント
※国土交通省 ブロック塀の点検のチェックポイントより抜粋

ブロック塀の老朽化による事故が起きてしまってからでは取り返しがつきません。
地震大国の日本、いつ何時どのような災害が襲ってくるかもわからないので、あらかじめ防災対策をしておくことが大切です。

弊社でもブロック塀・コンクリート塀、目隠しフェンスなど様々な商品を取り扱っております。
ぐらつきがある・亀裂があるなど少しでも不安がある場合はまずはご相談くださいね!

参考

2018年6月21日|カテゴリー「お庭
こんにちは、ウェブ担当の青木です。
6月に入ったのに、どんよりと少し肌寒い天気が多く、気持ちも少しどんよりしてしまいますね…。
そんな時は運動に限ります!雨でなければ、お散歩に少しでも繰り出すのを心がけている今日この頃です。

さて、ご覧の皆様のご家庭でもワンちゃんがいるお家も多いのではないでしょうか。
人間と同じく、ワンちゃんの健康・長寿の秘訣は「ほどよい運動」です。 個人的な話になりますが、長年一緒にいた我が家の老犬も毎日の散歩は欠かせませんでした。

散歩と言っても、最近の公園では「犬の散歩禁止」と書かれた看板を目にすることがあります。
マナーなどの問題もあるかもしれませんが、少し寂しいですよね…。

ドックランもいいけれど毎日連れて行ってあげられる時間もないし…とお悩みのお客さまから「お庭にドッグランにしたい」というご要望をいただきます。
しっかり柵やフェンスも取り付ければ安全面も気にせずに自由に走らせてあげられます。 リードも必要ないので、ワンちゃんに窮屈な思いをさせなくても大丈夫です!
ワンちゃんに健康な運動習慣を!

ドッグランにもおすすめ!人工芝

人工芝にすることで、ワンちゃんの足腰へかかる負担を軽減します。
そして何より、一年中青々とした見た目!防草シートもしっかり設置することで、雑草対策もバッチリです。

弊社では本物の芝そっくりな「リアリーターフ」を取り扱っております。
リアリーターフ ショート16mm
リアリーターフ ミドル25mm
リアリーターフ ロング40mm
リアリーターフ ヨーロピアンロング40mm
とてもリアルな作りの人工芝なので、見た目もわざとらしくなく、自然な仕上がりになりますよ(^^)
短いカットの人工芝なら間違ってワンちゃんがかじってしまうことも少なく、転倒してもやわらかいので安心安全ですね。
手触りも本物志向
肌触りも本物に近い柔らかさ。
内側まで気を抜きません!
根元の一本一本までリアルに再現!

小さな家族にも快適な生活を!

大切な家族の一員であるワンちゃんのために、お庭をドッグランにするにもいろいろな方法があります。
犬種によっては、フェンスを潜り抜けてしまう危険性もありますし、夏場の地面の温度、お庭の広さや、日当たり、雨水などの排水の環境などお家によって様々です。
弊社では一つ一つ納得のいくご提案を心がけていますので、まだプランも練れていないよ!というお客さまも安心してご相談くださいね!
2018年6月16日|カテゴリー「お庭
こんにちは、ウェブ担当の青木です。
先日YKKAPの方からメディアレポートという建築業界情報誌をいただきました。
毎月発行されているYKKさんの最新情報が載っている情報誌ですが、今回はさっそく、その中からYKKAP社の新着情報を一部ご紹介いたします。 

今回ご紹介したいのは、これからの季節に大活躍! YKKAPの「アウターシェード」です!
新商品、というかリニューアルされた商品ですが、どこが新しく生まれ変わったのでしょうか?
YKKAPアウターシェード

夏の「熱」は大部分が窓などの開口部から侵入

「過ごしやすい夏」と言われる北海道でも、やはり現地に住んでいる私たちには夏場の日差しや熱気には毎回悩まされますよね。
特に、夏場の室内に流入する「熱」の大部分は日差しによるもので、70%以上は窓などの開口部から入ってくるそうです。
最近では寒冷地対応のエアコンも普及してきましたが、「電気代が気になる…」という方や「うちには扇風機だけ」というご家庭もまだまだ多いはずです。

開口部に設置して熱気をシャットアウト!

アウターシェードは、夏の日差しや強い西日などの「熱」を開口部で大幅にカットします。
新しくリニューアルされたシェード生地は、従来のシェード生地と比べて日射を8割カットすることができます。
熱の侵入を遮ることで、室内温度の上昇は抑えられ、エアコンなどの電気代も節約が期待できます!

デザインは住宅になじみやすく

ボックスデザインはシンプルで、スッキリとした住宅になじみやすいデザインです。
カラーバリエーションは本体カラーが、ブラウン・カームブラック・プラチナステン・ピュアシルバー・ホワイトの5色、生地カラーがグレイ・ブルー・グリーン・ブラウンの4色です。

本体カラー

アウターシェード本体_ブラウン
ブラウン
アウターシェード本体_カームブラック
カームブラック
アウターシェード本体_プラチナステン
プラチナステン
アウターシェード本体_ピュアシルバー
ピュアシルバー
アウターシェード本体_ホワイト
ホワイト

シェードカラー

アウターシェード_グレイ
外からの見え方(グレイ)
アウターシェード_ブルー
外からの見え方(ブルー)
アウターシェード_グリーン
外からの見え方(グリーン)
アウターシェード_ブラウン
外からの見え方(ブラウン)
アウターシェード_グレイ室内
室内からの見え方(グレイ)
アウターシェード_ブルー室内
室内からの見え方(ブルー)
アウターシェード_グリーン室内
室内からの見え方(グリーン)
アウターシェード_ブラウン室内
室内からの見え方(ブラウン)
生地も本体カラー同様、スッキリとしたデザインで、こちらもまたどのような住宅にもなじみやすいデザインになっています。

防犯対策にもおすすめ

日差しをカットしてくれるアウターシェードですが、遮光性だけではなく、防犯対策にも優れています。
大きい窓のあるリビングに設置すれば、外からの目線から守ってくれますし、2階やマンションのバルコニーの洗濯物の目隠しとしても利用できます。
特に夜間など、照明で部屋の中が丸見え!なんて時にあると便利ですよね。 必要がないときは簡単に収納することができます。
道路に面したリビングにも最適
道路に面したリビングにも最適
バルコニーに取り付けて目隠し代わりに
バルコニーに取り付けて目隠し代わりに
遮光・防犯対策に一役かってくれそうな「アウターシェード」。是非みなさんのご家庭に採り入れてはいかがでしょうか。
ページトップ